毒親 親子 問題 影宮竜也 親子療法

解毒ジャーナル第3回「毒親と気付いたら、その対処は?」

第3回「毒親と気付いたら、その対処は?」

こんにちは!おーくらです。

今日は、「毒親と気付いたら、その対処は?」 というテーマでお送りします。 


毒親との対処…この自分に適した対処法とは何か?と頭を悩ます方も多いかと思います。


いきなりですがおーくらの持論では 「対処法は親子の数だけ千差万別」 という、非常に難しい課題ではないかと考えてます。 


なぜなら、親子間のことだからです。 

その親のタイプ、解決したい本人(子)の気質、現在の状況、問題になっていること…


あらゆる本に具体的対処が書かれていないのは、”Aの問題がある場合、Bの対処を取りましょう”と断言できないからではないでしょうか。

 

Bで解決できるケースもあれば、通用しないケースもある。

どう対処しても、追っかけてくるケースもある。


一番最後に残る大切なことは、自分と親を自分の中で切り離す意志が芽生えることではないでしょうか。


闘う勇気を持つこととか、負けない強さを持てとか、覚悟を決めることが重要とかおーくらは言う気はありません。

それが簡単にできれば、困ってないんですから。

 

人は疲弊しきって気力が落ちている時には、立ち上がって声を上げる当たり前のことすらものすごくエネルギーを要する時があります。

 

そういう時は、疲れているんです。一度、元気が湧かないと立ち上がれません。対処を考えて取り組んでいけるのはそれからです。

 

考えて、決断して、行動するエネルギーを徐々に取り戻していくのです。

 

自分の胸の内の悩みを誰かに聞いて欲しい、分かって欲しいという時があると思います。経験者は、話を少し聞いただけでもピンと来るものです。

 

一人で抱え込まず、相談してみてください。器塾は、相談者のプライバシー厳守をお約束します。

 

→第4回「器塾と出会ったきっかけ」

→解毒ジャーナル目次

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)