毒親 親子 問題 影宮竜也 親子療法

配偶者の親が毒親だった場合

登録者だけにお送りする!特別モラハラ対策動画講座をプレゼント!

親子療法協会 モラハラ対策 無料メールマガジン講座(全5回)


配偶者(義理親)のモラハラでお悩みのあなたへ!

気持ちが楽になる講座をお届けします。

*登録は無料ですのでお気軽に受講ください。

 

登録はこちらからどうぞ

 

令和3年12月 「モラルハラスメントからの解放 特別講座」


配偶者の親のモラルハラスメントで悩んでいるあなたへ

まずはこちらをご覧ください


 

 

配偶者の親が毒親だった場合(モラルハラスメント問題)


 

配偶者もしくは結婚する予定の相手の親が毒親であった場合は、

きちんとプロセスを踏むことが大切です。

 

なぜなら、

 

『配偶者(結婚予定も含む)の親が毒親であった場合、

 色々とややこしい問題が背景にあるからです』

 

では、いくつかの問題点を挙げてみましょう。

 

配偶者の親が毒親であった場合の問題点

 

1 毒親は何かと配偶者のことを悪く言う傾向にある

 

毒親は子供に対して支配的なので、

自身(毒親)の意にそぐわない相手を子供が結婚相手として紹介した場合、

暴言や否定の言葉で結婚相手を攻撃する傾向にあります。

 

これは結婚後も続くので注意が必要です。

 

2 毒親は夫婦のイベントごとに口を出してくる

 

結婚式そして出産や子供の様々なイベントに口を出すのが毒親です。

 

『口は出すが金を出さない』

 

もしくは、

 

『金は出すが口をとことん出す』

 

イベントがあるごとに口を出し、

毒親の意思に従わない場合は脅迫や恫喝で何としてでも従わせようとします。

 

3 毒親の介護の問題

 

毒親は支配心、依存心の塊です。

介護の問題は必ず付きまといます。

 

年を取れば取るほど、

毒親の毒は猛毒性を発揮して手に負えません。

 

4 配偶者も毒親の性格や思考に歪められている可能性があります

 

どんなに毒親を持つ子供が毒親を否定しても、

毒親から刷り込まれた思考というものがあります。

 

毒親が支配的であれば、その支配的な思考

毒親が過干渉であれば、その過干渉的な思考

 

必ず何らかの形で、その歪みを受け継いでいます。

 

夫婦の関係がこじれた時に、

この歪みが表面化する可能性が高いので気をつけて置く必要があります。

 

毒親持ちの配偶者と結婚するということは、

上記のような問題が発生する可能性が高いことを、

まずは理解して置くことが重要です。

 

これらの毒親持ちの配偶者と結婚することで生じる問題から逃れる為に、

何か必要な方法はあるのでしょうか?

 

『あります』

 

以下の方法を参考にして下さい。

 

・毒親と本当に絶縁する覚悟が必要

 

これは毒親を親に持つ方に求められる条件です。

配偶者が毒親の支配から逃れる為に結婚を選択した場合は、

後々トラブルを引き起こす要因にもなります。

(サイコパス型の毒親を持つ配偶者の場合は特に覚悟が必要です)

 

『親と絶縁し、大人としての自律を真剣に考えて子供を育てる覚悟を持てるのか?』

『親を捨てても、自分の家族を守る覚悟があるのか?』

 

毒親持ちの配偶者にきちんと確認をすることが大切です。

 

「家族も大事。でも、どんなにひどい親であっても親は親だから」

「いつかは分かり合えるはず。だから親のことを悪く言わないで」

「どんな親でも大切なの。ひどい親かもしれないけど」

 

このような発言が相手から出た場合は、要注意です。

後で毒親から様々な要求をされて夫婦関係にひびが入る可能性があります。

(金銭関係、老後等)

 

毒親の毒に夫婦そして孫まで侵されてしまいます。

 

・毒親に刺された毒の棘を抜く

 

毒親に育てられた子供はどこかに歪みを持っているものです。

 

そのことを自覚していれば良いのですが、

自覚している人の方が少ないのが現状です。

 

夫婦といえども他人です。

 

結婚前に毒親から刷り込まれた歪みに気づき、

その歪みの矯正をパートナーと共に協力することで改善を行い、

それから結婚をしても遅くはありません。

 

くれぐれも毒親の支配から逃れる為に、

強引に結婚することは新たなる問題を夫婦間で作るようになります。

*親が原因となって離婚をしてしまう夫婦はかなりの割合でいます。

この場合の離婚は後々までトラブルが続きます。

子供にとっての悪影響が大きい離婚のケースです。

 

『結婚はゴールではなく、スタートであること』

 

忘れないでください。

 

いかがでしたか?

 

とても厳しいものに感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、

これが現実です。

 

後になって後悔しないように、

新しい人生をスタートする為の準備として参考にして下さい。

 

「毒親持ち配偶者と結婚してしまうのはなぜか?」

 

DV・モラルハラスメント問題について解説しています(配偶者・配偶者の親)

こちらをご覧ください → DV・モラルハラスメントについて(加害者心理)

 

世代間連鎖の問題が背景にあることをご存知でしたか?

こちらをご覧ください → 世代間連鎖の問題について

 

毒親対策について(目次) 戻る

この記事へのコメント
旦那の親が毒親で仕事のため同居して毒親だと気付き、旦那と逃げるように私の地元へ帰りました。
毒親は非常識な夜中に突撃してきたり、脅しの手紙や金銭の要求をしてきました。
おそらく私達が仕事を年中無休でやって同居当時も高額な生活費を搾取していたのに搾取用の人間が反抗したからでしょう。
逃げて半年近く経ちますがいまだに旦那の心の棘が抜けずフラッシュバックするようです。
これからは私の親の愛を存分に受けてもらいたいし、家族で力合わせて心の棘を抜いていきたいと思います。
Posted by はむ at 2014年02月20日 09:39
自分の親が毒親であり、新しい家族に絶対に被害を及ばせたくないと思い、疎遠にしました。しかし、毒親というものを知らない夫は、夫の両親だけ大切にするわけには行かないと、毒親にも接触を持つように要求して来ます。義母も、私にとっては新しいお母さんが出来た訳ですから、義母と仲よくしたいのですが、実の母にも同じだけ尽くしてくれなけえば申し訳ない、と、実家の親にも接触するように要求されます。実両親は私には猛毒ですがソトヅラは良いので、理解してはもらえないようです。実両親と接触すると私は体調が悪くなり、子育てにも悪影響が出るので、極小化
Posted by かずぴょん at 2014年04月04日 06:01
途中で切れて送信になってしまいましたので、続きです。実親との接触を極小にするようにバランスをとる努力をしていますが、なかなか大変です。とにかく子ども達に毒が及ばないようにという事を第一に考え、子供の成長に応じて、双方の祖父母との接触もさせています。
Posted by かずぴょん at 2014年04月04日 06:11
つい最近、元舅を再婚後の付きまといで、警察に通報した妻側です。夫婦共に毒親(洗脳・暴力・コントロール)の元で育ちで、この記事の通りの事が原因で離婚しました。(舅の私に対する暴力)逃げ帰った私を迎えた両親の言葉は「この穀潰しが!」でした。独りで調停・裁判を乗り切り、離婚から3年後に再婚したのですが、現夫を「間男」と呼び、不倫再婚をでっち上げて、今度は逆に私の両親が、現夫に毒牙を刺そうとしていました。「そこまで憎いなら、この方たちの為に僕達は消えてあげよう」と現夫が言ってくれたので、プライドが高く外面だけは良い両親の為に、再婚の会食の日、親戚一同を前にして暴露の手紙を読上げ外面が崩れ去る様子を見届けて、皆さんの前で絶縁宣言をしてあげました。結局、子供を物のように扱い、子供の配偶者までもを憎む事でしか、自分のアイデンティティを保てない方達なのでしょうね。
あれから、暴言の留守電がチョコチョコありますが、もう少し貯まって来たら親族による嫌がらせとして慰謝料を請求予定です。一切相手にされない事こそが依存する彼らにとって一番の苦痛であり、私達にとって一番楽な復讐と金ヅルですので・・・棘を抜くのは大変ですけれど、言葉に騙されず病院に通いながら、現夫との生活を大切にしていきたいと思います。
この拙い文章で気分を害された方がいらっしゃたら申し訳ありません。長文失礼しました。
Posted by ミカ at 2014年07月06日 16:49
私の妻の母が毒母と気付くのに時間がかかりました。「親の挨拶はいらないからさっさと籍入れろ!」「子供ができたら、子供をよこせ!」「早く子供作れ!」「夫の三度の飯は適当でよい!」等、いろいろ言われてました。妻もそんな母親が当たり前と思っていました。妻の父親は空気のような人でまったくの無関心。妻両親、兄弟だけ出席の結婚式。何か反論すると脅迫まがいの暴言。
妻に相談しても支配されているせいか全くの無関心。心身ボロボロになってしまい、今まで築き上げてきた職を失い、何故家族のために働かなくてはいけないのかわからなくなってしまいました。
今でも子供はいません。結婚して10年、ようやく妻も自分の母が毒母と認識し、今では絶縁に近い状態になっていますが、またいつ介入されるのか不安な状態です。誰も理解してくれなくて正直つらかったです。このサイトを見て少し勇気をいただきました。少しずつですが自分を取り戻し、妻の毒母から受け継いだ棘を取り除いてやり本来あるべき自分たちの幸せをつかみたいと思います。
Posted by ファルコン君 at 2014年07月14日 04:25
この記事を、別居が始る前に、見つけていたら…。こんな後悔をして居ます。記事は、全くその通り!と思います。内容は、真実を示しているので、皆さん、離婚するはめに成ら無い様に、記事の言う通りにしてください。幸せになれると思います。
Posted by とも at 2014年10月11日 20:13
元夫の両親が、毒親でした。20年間辛かった。私は病気のオンパレードでした。さらに夫はモラハラ+アスペルガー男。子供の自立と同時に調停離婚しました。
上記の事を文献その他で、冷静に理解出来たのは離婚後でした。
そして最近、自分の母親も毒親と知りました。
本を読んだら思いあたる事ばかり。
今私は52歳。う〜ん🙍。
このあとの文章が、思い浮かばない。
Posted by リスタート稲毛 at 2014年10月25日 22:44
初めまして。主人の親が毒親で、今、義両親から離婚を迫られるなどして、夫婦揃って心身が疲弊しております。対処法は無いのか?と思いスマートフォンでネットサーフィンをしていたらこちらに辿り着きました。なるほどなぁ、と思いました。主人は、死んで親から解放されたいと言うまでに親からの解放を願っているのですが、なかなか親と絶縁する覚悟までは出来ないようです。そういう人は毒親からの解放は難しいのでしょうか?
Posted by ものかき at 2014年12月22日 13:25
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)