毒親 親子 問題 影宮竜也

親子問題勉強会 心理ブレーキからの解放 

 

東京 5月 

親子問題 心理ブレーキ解除 勉強会

*開催間近ですのでお早めにお申込み下さい

ニュースな二人 修正@.png

 

心の中に不安や禁止令を作り出すようになった理由

 

親子問題を抱えている当事者があるものを親から譲り受け、

人生に於いて様々な悩みを抱えるようになります。

 

その譲り受けたものの正体とは?

 

「親の歪んだ価値観そして不安や自己否定」

 

あなたの心の中に渦巻く様々な不安や禁止令(心理ブレーキ)は、

あなた自身の人生で作り出したものではなく、

 

あなたの親から刷り込まれたものであることをご存知でしたか?

 

 

どうして私は何をするにしても不安ばかりが先立つのだろう?

 

世の中の多くの人は、

 

「自信が持てないのは自分に問題がある」

 

と思っている人がたくさんいます。

 

でも実はそうではありません!

 

不安や自己否定の根本原因は親との関係がもっとも大きい要因

 

私はこれまで1000人以上の親子問題を抱える人達との対話の中で、

以下の事実を突き止めました。

 

「不安心理の強い親に育てられた子供のほとんどが、

 親と同じように不安心理の強い大人に成長する」

 

これは紛れもない事実です。

 

 

あなたが原因ではなかった

 

「私は何も取り柄がありません」

「女性としての魅力は私にはありません」

「私なんか誰も愛してくれません」

「何をやってもうまく行く訳がない」

「結婚したくても私を選んでくれるはずがありません」

「こんな私が親になれるはずがありません」

 

私を訪ねる相談者の多くの方がこう言います。

どうしてこんなに自己肯定感をするようになってしまったのか?

 

私が、

 

「あなたはどうして自分をそのように否定するのですか?」

 

と尋ねると、

 

「わかりません。昔からこうでした」

「自信を持つという意味がわかりません」

「これまでの人生でうまく行くことがなかったから」

「何かを望んでもそれは叶わないから・・・望まない方が気持ちが楽です」

 

と暗い表情で皆さん答えられます。

 

また私は次の質問をします。

 

「あなたとご両親の関係について教えてください」

 

実はこれらの問題は自分だけの要因で起きる問題ではなかったのです。

 

否定・愚痴・争い・不平不満・後悔・嫉妬・妬み

 

相談者の方に、

 

「あなたのご両親はどんな親でしたか?」

 

と尋ねると、

 

・いつも否定する言葉ばかり言われ続けてきた

・親の不平不満ばかりを聞かされてきた

・親が仲が悪く父(母)の悪口ばかり聞かされた

・「親の言うことを聞いていれば良い」と育てられた

・親に見た目の悪口をいつも言われて育った

・「男の子だったら良かったのに」と言われて育った

・進路や就職先はすべて親に決められた

・親に逆らうことがとても怖かった

・結婚まで家を出ることを許してくれなかった

・お金のことでいつも文句を言われた

・「これまで育てた費用を返してから言え」といつも怒鳴る

・「誰のおかけで生活できると思っているんだ!」と怒られてきた

 

親との関係について様々な話をされます。

 

そんな相談者の方に対して、

 

「あなたの親は問題のある親ですよ。

 そのことをまずは自覚してくださいね」

 

と伝えると相談者の方の多くの方が涙をこぼされます。

 

子供から自信そして尊厳を奪う親

 

本来、

 

「子供の心に自信や尊厳が健全に育つようにサポート」

 

することは親の大切な役割でもあります。

 

しかし世の中には、

 

「子どもの人格を侮辱、否定する親」

 

がおどろくほど存在します。

 

・お前にできるわけがない

・ちゃんとやってから言え

・あなたは性格が悪い

・どうせいつかは嫌われるんだから

・お前なんて産まなければ良かった

・あなたがいなければすぐにでも離婚するのに

・親に逆らうお前のような奴は絶対に不幸になる

・そんな格好をして男に色目ばかり使って

 

このような言葉で子供の心を卑しめて、

 

「子供の心に自己否定や劣等感などの負の感情」

 

を刻み込み子供から自信や尊厳を奪う親が存在します。

 

 

あなたの心のブレーキの大きな原因とは?

 

実は多くの人が気づいていないだけで、

 

「親の言葉が原因となって本来の自分を生きることができない人」

 

がたくさんいます。

 

・楽しくてもそれを感情にすることを難しく感じる

・好奇心はあるのにいつも不安になり諦めることばかり

・人に否定された途端、すぐにやる気がなくなる

・いつも人の顔色ばかり伺ってしまう

・好きなことを好きと表現することが怖い

・自分の好きなことがわからない

・周囲の人の許可がないと何も決められなくなった

・嫌いな相手にいつも振り回される

・自分の気持ちを相手に伝えるのが苦手

・人を信じることに強い不安を感じる

・いつも人を疑って疲れてしまう自分がいる

・頼まれごとを断れずに後悔することがよくある

 

これは全部、

 

「親との関係で身につけた心理ブレーキが要因」

 

となって起きる悩みであることをあなたはご存知でしたか?

 

心理ブレーキを抱えたまま生活していると

 

心理ブレーキを抱えたまま生活を続けると、

 

・うつ病などの精神系の病気の発症

・対人関係のトラブル(友人、職場、夫婦、親子)

・子供の問題行動(非行、ひきこもり、対人関係のとらぶる)

・経済的困窮(失業、低所得、正社員になれない)

・孤独に陥る(独居老人)

 

などの様々な問題を人生で抱える可能性が高くなります。

 

どうしたら心理ブレーキの解除ができるの?

 

実は私も心理ブレーキが強く、幼少期は内気で人見知りの激しい子供でした。

 

「お前になんかできるわけがない」

「馬鹿なんだから調子に乗るな」

「親戚に良い顔して本当にかわいくない」

「結果を出してから言いたいことは言え」

「未熟児で産まれたから頭が足りない」

「ブス男ちゃん」

 

などの言葉をいつも親に言われていました。


そんな私が自らの体験と長年の心理研究の結果からわかったことがあります。

心理ブレーキを解除するために必要なことは、


「まず親から精神的に分離する」


ことが重要になります。


心理ブレーキの解除ワーク



今回の勉強会では次の内容でお話します。

 

・あなたの心理ブレーキの背景にあるものはなに?

・あなたの心理ブレーキはあなただけに原因がある訳ではない

・心理ブレーキを抱えたまま生きることの怖さ

・親の言葉は無意識に刻まれる

・心理ブレーキを持つ親が子供に与える悪影響

・親に刻まれた心理ブレーキを見つけ出すワーク

・心のブレーキの正体を暴くワーク

・心の中に存在する親からの解放について

・あなたの心の痛みを癒す集団ワーク

 

このワークを通じて、

 

・心の奥ぞこに刻まれた心理ブレーキの正体

・自分に全ての原因がある訳ではないことを知る

・世の中には同じように苦しんでいる人がいる

・人生は楽に生きることができる

・自分の好きなように生きても良い

 

ことを知り、

 

「私の人生は私のためにある」

 

この当たり前のことに気づけるきっかけを掴むことができます。

 

心理ブレーキ解除ワークの詳細

 

開催日 5月27日(土曜日・会場 池袋)

    5月28日(日曜日・会場 銀座)

    *会場の詳細はメールでお知らせします。

 

タイムスケジュール240分の濃密勉強会)

 

12時     開場

12時30分〜  スタート

15時30分〜  集団ワーク

16時30分   終了

*勉強会終了後、希望者でお茶会を企画しています。

勉強会での疑問や聞きたいことを遠慮なくどうぞ。

 

無事、終了しました。

受講者の皆様、お疲れ様でした。