毒親 親子 問題 影宮竜也

最凶の毒親

毒親・親子問題の専門家

影宮竜也のメールマガジン

登録無料!たくさんの方が読まれています

 

  メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
      

 

最凶の毒親


前回、ご紹介した毒親を持った人は本当に残念ながら親であっても逃げてください。

もしくはできるだけ刺激を与えず、関わらないようにすることが自分の身を守るためには必要です。

 

この最凶の毒親を心理学の世界では、『サイコパス』と呼びます。

サイコパスと呼ばれる精神異常者とは一体どんな人物なのでしょう。

 

最凶の毒親 サイコパスの特徴


・良心の異常な欠如

・他者に対する

・冷淡さや共感性の無さ

・慢性的に嘘をつく

・行動に対する責任感がまったくない

・罪悪感がまったく無い

・自尊心が高く、自己中心的

・口が達者で表面的には魅力的


このような特徴を持っているのが、「最凶の毒親」つまりサイコパスなのです。


・サイコパスの割合


これはある特別な情報筋から得た情報ですが、「欧米では五人に一人、日本人の場合は三十人に一人」の割合で存在すると言われています。

 

実はそれほど珍しい存在ではありません。

だから恐ろしいのです。

 

・サイコパスに目をつけられたら、命を奪われる可能性も


あの尼崎事件の主犯格でもある角田容疑者も「サイコパス」と言われています。あの事件を知っている人の中には、「逃げれば良いのに」と簡単に言われる方もいますが、はっきり言って無理です。

 

ターゲットが逃げる気持ちを失うほどの巧妙な罠そして恐怖を徹底的に刷り込むのがサイコパスです。

*私自身もあの事件について徹底的に調べましたが、あまりの巧妙さに寒気がしたほどです。

 

・サイコパスは脳の欠陥が原因

 

サイコパスになる要因は家庭環境もしくはトラウマなどの後天的要因ではなく、脳の欠陥が引き起こす精神障害です。(情緒を司る脳の部位に欠損が見られる)

 

彼らは誰に何を言われようが改心することはありません。

目的を達成するまで彼らは絶対に行動を止めることは無いでしょう。

 

また、脳の一部分が欠損していることで他の部位が異常に発達しているサイコパスは『知能』が異常に優れている場合もあります。(脳は一部の欠損を穴埋めする為に、別の部位を発達させる構造になっています。例えば、目や耳という器官に欠損があれば鼻の機能が異常に発達するなど)

 

・サイコパスの多くは犯罪者とはならない


サイコパスはプレデター(捕食者)と呼ばれるほど、『残忍、狡猾、無慈悲』な人間ではあるが、そのほとんどは犯罪者にはならず、社会の暗闇でひっそりと狩りを行う知能犯です。

 

『サイコパスは、自らの手を下して他人から全てのモノを奪うことはありません。サイコパスは必ず自分の手を汚さずに淡々とターゲットから全てを奪い去ります』

 

知能が高いサイコパスは、法律もしくは暴力装置や精神的コントロールを武器にしてターゲットを徹底的に追い込みます。その仕掛けは巧妙で、普通に暮らしている人にはその仕掛けの全容は絶対に掴めません。

 

自分の手を汚すことはまずありません。

だから犯罪者にはならないのです。

 

確信的知能犯だからこそ恐ろしいのです。

 

・サイコパスにとっては全てがゲーム


サイコパスが、なぜこれほど冷酷なことを平然とやってのけるのか?

それは、

 

『彼らにとって全ての行為はゲームでしか無いからです』

 

彼らは他者に対して、憐れみや思いやるなどの感情が完全に欠落しています。

サイコパスがターゲットに抱く感情は、

 

『エサ』

 

でしかありません。

私達が日常の食事で口にしている『肉や魚』を口にするような感覚で、ターゲットを口にするのです。

 

普通の生活をしている人にとっては、とても考えられない行為もサイコパスにとっては狩りを楽しむようなものです。

 

絶対に接点を持つべきでは無い人間・・・・・・それがサイコパスであることを絶対に覚えて置いてください。


例えそれが親であってもです。

あなたの親に持つ幻想があなたの人生を破壊して行きます。

*これほどの恐ろしい親子問題はそれほどありません。

 

最凶の毒親 つづく

毒親対策 目次に戻る